2012年12月26日水曜日

2013年に買うデジタルもの

いや買うかどうか以前に
そんなのが本当に出るかよ、という問題もあるわけですが
まあ来年の話なんておしなべてそんなもんです。

・D600用の手頃なフルサイズ用ズームレンズ
 24-120mmF4のナノクリが第一候補だが、28-300mmに日和っちゃう可能性なきにしもあらず。だったら最初から24-85mmのレンズキットかっとけよと思わないでもない年の瀬です。

・マイクロフォーサーズの望遠系レンズ
 既発売のパナの35-100mmF2.8でもいいんだけど、いっそのこと150mmF2.8とか、50-200mm/F4とか出ないかな。ともあれ、ハイエンド系の望遠系レンズをどれか買うことになるでしょう。というか、出てくれないと困る。広角〜中望遠は2012年でほぼ揃ったしね。今は、12-35mm、45mmF1.8、60mmF2.8macroの3本で回してます。

・こんなコンデジ
 センサーサイズは1インチくらいで(RX100)、高速な像面位相差AF機構を搭載してなおかつローリングシャッター歪みが少ないセンサーで(V2)、電子シャッターはもちろん使え(V2)、超高速連写及びそれを利用したさまざまな機能やハイスピード動画機能を内蔵し(V2)、静電容量式タッチパネル付チルト式液晶を持ち(XZ-2)、スマホへの転送もスマホからのリモート撮影も対応したWi-Fi機能を搭載し(NEX-5R)、ついでにWi-Fiを介してNASとしてマウントでき、明るいズームレンズを備え(XZ-2/LX7)、地図と超高速即位が可能なGPS機能が合体し(H20G)、microUSB端子を用いたUSB充電はもう当たり前で(Cyber-shotなど)、フラッシュは外付けでいいからボディは極めてコンパクトで軽量な、そんなデジカメをわたしは買いたい。

・こんなOM-D
 電子シャッター機能(&高速連写を生かした撮影機能)と像面位相差AFによる高速AFは必須。 ついでに「ペンパルWi-Fi」も。
 さらにパナソニックがG5/GH3で搭載した「EVFを覗きながらタッチパネルでAFポイントを指定できる」機構を採用して現モデルのUI上の欠点を解消したOM-Dなら買う。
 いやあ、G5の(特にGH3の相対位置指定)タッチパネルAFを一度使うと、目から鱗が落ちます。こんなアイデアがあったのか、と。使いやすいことこの上なし。もうEVF搭載デジカメはすべて搭載していいってレベルのアイデア。
 店頭でGH3をみかけたら、ぜひEVF+タッチパネルAFを試してみるべし。

・iPad5
 ディスプレイがIGZOになってバッテリ消費量が減り、その分バッテリも軽量になり、充電が素早く、処理が高速で、頑丈でいながらより軽くて仰向けに寝転がって読んでても、手からiPadがすべっておでこに痛い思いをさせたりしない、そんなiPad5を買います。

・iPhone6
 まあどんな風に進化しても出たら無条件で買うと思うので(毒を喰らわば皿までどーぞ)、なんでもいいや。5sなら見送るかも。。。


0 件のコメント: