2013年5月25日土曜日

渋谷駅の井の頭線→東横線乗換は予想以上に苦行でした

午後遅く、
深大寺からいったん帰宅。
荷物を整え、ネコに餌をやり、1時間弱休憩して
今度は横浜へ。
夜景作例が必要なので、じゃあみなとみらいかな、というわけで。

せっかくだから
2013年に改悪された東京2大苦行乗換を体験してみることにしたのである。あほですな。
ひとつめは下北沢の小田急→井の頭線乗換。
いままで1分かかんなかったのに、小田急が地下に潜ったものだからぐっと遠くなったのだ。
もうひとつは、渋谷駅の井の頭線→東横線乗換。
これはまいった。以前より大変になったろうな、とは思ってたけど、ここまで悲惨だとは、いやはや。メディアではJRから東横線への乗換がよく話題になってるけど、それ以上に悲惨なのが井の頭線から東横線の乗換なのだ。

もともと改札を出て歩いて階段を上って下りて東横線改札、というあまりスマートじゃない乗換だったのだが、
東急東横線が地下5階にもぐったものだから、井の頭線からの乗換はもう大ダンジョン。わけわからん。
わけわからんなりに「東横線」と書いてある案内を探しながら歩いたのだけど、
遠くて深い。
渋谷駅の駅案内図

上記案内図の一番上にあるのが井の頭線、一番下にあるのが東横線なのだ。
一番長い乗換えで、とにかく歩かされます。
いったんハチ公口に出て、地下に降りて延々と地下を歩き、さらにあるいて改札をくぐってさらにもぐったり歩いたりしてやっとホームである。
いやはやまいった。

みなとみらいで夕飯を食って、あれこれとスマホとコンデジで夜景作例を撮り、

みなとみらい
XZ-2
帰りは渋谷乗換ではなく、
明治神宮前で千代田線に乗換え、そのまま小田急線というルートで帰宅。
こっちの方がずっと平和で楽であります。
渋谷駅乗換はネタどまりってことで、
次からはこっちですな。


0 件のコメント: