2014年9月24日水曜日

[iPhone]ローガン卿に優しいデカiPhone

iPhone 6 Plusはファブレットじゃなくてらくらくスマホだ、
的なブログが心にヒットする今日この頃
今のiPhone6 Plusは単なるらくらくホンでファブレットではなかった | More Access! More Fun!


「今の」っていう意味ならまさにその通りで
ローガン卿にやさしいiPhoneとなっております。
見やすくて助かります。

iPhoneが日本に登場してから何年だっけ、
まあそれくらい立てば各人の中に「スマホはこうあるべき」って姿が確立されてくるから、それから外れた製品を手にすると違和感バリバリで
ダメ出しをしがちなのもわからないでもないわけで、
iPhone 6 Plusについての各人の感想を見てると、
従来のiPhoneの延長線上で使おうとしているがために
それが如実に出てるなあと感じる次第。
そういう人はPlusじゃなくて普通のiPhone 6を買うべきだったと思うですよ。

逆に、今までのiPhone感覚をいったん捨てて
一からデカiPhoneに向き合い、ふさわしい付き合い方をさぐっていこうという
柔軟な人は面白がっております。

問題はでかくなったかどうかじゃなくて、
でかくしたことにどんな意味があるか、であり、
それをアップルはまだ見せてない。
まさかローガン卿御用達を目指してでかくしたわけでもあるまい。
不満があるとすればそこだ。

4インチiPhoneの感覚で5.5インチiPhoneに対峙してもつまんないでしょうに。

それはともかく、
アサヒカメラで連載の鼎談収録の日。

夜、そのiPhone絡みで一騒動あって寝そびれる。
iOS 8.0.1が出たのだ。
で、なんかいやな予感がして
ちょいとTwitterで検索をかけてみたら、
少なからぬ人々が、「圏外になって通話できない」「Touch ID」が使えない
と呻いたり嘆いたり叫んだりしてて、
やばいかも、と
アップデートするのを止めたのでした。
案の定、不具合があったようで、
午前4時には引っ込められたもよう。

いやな予感ってのも時には信じてみるものです。
いや、それを信じてたら、立派なアーリーアダプターにはなれません。
ヒトバシラーにはなお遠い。反省。

ただ、端末へのダウンロードはもうされてるんだよな。
魔が差して「インストール」をタップしてしまわないよう祈るのみである。




0 件のコメント: