2015年4月27日月曜日

[AppleWatch]ついAppleWatchで電話に出てしまった話

ITMediaにCM1ネタの原稿を1本書いてメール。
あれこれ薄い電子書籍←なんだそれ

iPhoneに電話がかかってくる。
Appleの最新技術のおかげで
iPhoneに電話がかかってくると、
iPhone、iPad、Macに(タイムラグはあるけど)ほぼ同時に着信し、
どれで出てもOkというおそろしい日々を送っているのだが、
どっちみち、iPhoneで電話に出るのである。
それにAppleWatchが加わった(笑)。

しかも、そんなときに限ってiPhoneが見つからない。
どっかに埋もれて鳴っている。
しょうがないので、ためしにAppleWatchで電話に出てみたのである。
出れたよ。

初体験なのでドキドキしててスクリーンショット撮り忘れたけど、
ちゃんとAppleWatchで電話に出られたのだ。
そしたら腕時計から相手の声が聞こえてきて、
こちらは腕時計に向かってしゃべるのである。

仕事の電話だったので、聞き逃しちゃいかんと左腕をちょっと上にあげて
通話してるわけで
なんなんだこのウルトラ警備隊的というか、流星号応答せよ的というか
70年代近未来な通話は!

だんだん今の自分の姿を冷静に想像しちゃって
なんとも気恥ずかしい。
しかも、通話が予想以上に長くなって左腕がつかれたぞ。

結局iPhoneは雑誌とレンズ拭きに埋もれておりました。

FBでこの話を書いたところ、
AppleWatchで受けた電話をそのままiPhoneでひきつげるよ、とのこと。
なるほど、とりあえずAppleWatchで電話に出たあとで
iPhoneに切り替えられるのか。

にしても、
世の中、
トイレでうんこしてるときに限って電話がなるというマーフィーの法則があり、今までそ
自宅でトイレに入るときにはiPhoneなんて持ってないわけで、
まあ運が悪かったということで放置してたんだが
(荻窪圭があまり電話に出ないのはだいたいそんな理由です)
AppleWatchなら常時腕にはめてるから、トイレにいても電話に出られるじゃないか。
なんてこった。気が小さいのでトイレでもつい電話に出ちゃうじゃないか。

文明とはなんておそろしい。


0 件のコメント: