2015年4月23日木曜日

Lightroom CCでHDRしてみた

いやあ、すごいタイミングですな。
MacOS Xが10.10.3になり、
ストアからiPhotoとApertureがなくなったタイミングで
AdobeのLightroomがアップデートされてLightroom CCになったんである。

・CCが起動しない!

で、CCにアップデートして立ち上げようとしたら、起動しない!
焦りましたよあれは。対応策はこちらに。
【解決方法】Lightroom CCが起動しない!!! | Adobe Community
いったんログアウトして、ログインしなおして認証し直せばOkでした。
いやあまいった。

・ApertureからLightroomへ?

さてLightroomは
Apertureの人はさっさとこちらへいらっしゃいと手招きしております。
何しろ、デフォルトでプラグインがはいってるのだ。
ApertureやiPhotoからのライブラリインポートプラグイン!

おそろしや。
これを実行すると現在アクティブになったライブラリをチェックして(これに時間がかかる)、
その後
移行画面が出るけれども、そこで他のライブラリも指定できる。
「写真」アプリ移行とか「AppleWatch」とかいろいろやることあるので
こちらはもそっと落ち着いてからいずれ。

・個人的にはHDR機能が大きなトピックですよ

LR単体の機能では、GPUを利用したパフォーマンス向上とか、
やっと顔認識がついた、のもあるけど
個人的には、LR内でHDRやパノラマ合成が可能になったってのがでかい。
Photoshop起動しなくていいのだ。
しかも、RAW同士での合成もできるし、合成結果は自動的に「元画像があるフォルダにDNGで別途保存してくれる」ので、いちいちファイル名をつけて保存する手間もない。
これはLRの使い勝手をたもったまま使えて実に便利。
やってみた。思い切り露出をずらしつつ(実は設定間違えて露出をずらしすぎた)手持ちで撮った5枚の写真を合成してみるのである。
こんな感じで該当する写真を選んで「写真を統合」する。

でもって、HDRしたのをあれこれレタッチしてトリミングやら何やらの補正もかけて仕上げたのがこちら。


これはいい。
実はこれ、マスク機能も駆使して、曇天でもやっとしてた富士山を浮かび上がらせてみてる。
そもそも、現像関連の機能はずいぶんいいとこにいってたんだよな。
というわけで、Flickrにあげてみた。

ちなみにわたしはCCのフォトグラフィプランにはいっております。
今回のLRはパッケージ売りも残すらしいのでCCしたくない人はそちらを。

てなことをしつつ、
ascii.jpに猫連載を書いてメール。
日本カメラに依頼された作業をあれこれしてたら
AppleWatch出荷完了が来た!
明日はAppleWatch祭ですな。


0 件のコメント: