2016年10月13日木曜日

AXON7とD3400と保護猫カフェ

昼、
神宮前でZTEの新製品発表会へ。
新型スマホAXON7。
ハイエンド機で59,800円。


Android機はもうすっかりアジア系メーカーが席巻してますなあ。
SAMSUNGは爆発しちゃったけど、
huaweiといいZTEといいASUSといい。
昔、日本市場へ食い込むにはまず三大キャリアから端末を出して貰わねばならず、
いろいろと日本仕様にしなきゃいけなくて、新興メーカーは大変だったが、
今は格安SIMが普及しはじめ、
SIMフリー端末として日本市場に投入できるようになった。

それらはたいていFelica未搭載など日本史上で主力になるには弱いけど、
グローバルな端末なので、
仕様がグローバルで、キャリアが扱う端末より割安。
余計な機能は無く、
その代わり、SIMスロットが2つあったり、カメラや音声といった
スマホを補完する機能に力をいれてて、
ウリが非常にシンプルなのである。
それがいい。
dナントカとか消せないアプリとかエモパーとかはいってない。

で、この先、SIMフリー端末が日本でも伸びてくると見込んで
こうして発表会をするんだろうなあ。
まだまだ伸びるとわたしも思うし。

わたしはといえば、
auの回線をガラケーに戻しちゃいました(笑)。
まあベースはAndroidなんだけど、使い勝手は劣化したガラケーで、
今はおサイフケータイと通話用。
もうキャリアのAndroid機はいらないや。
一応安定して使える回線として、月々2,000円弱払うとして、
iPhoneはソフトバンク回線のままだけど、本体はSIMフリー機にしたし、
Android機を使う必要があるときはSo-netの0SIMを突っ込めばいいし。

基本、家にいてWi-Fiでつないでることが多いから、
そんなに「ギガ」いらないんだよな。
ギガいらないとか、ギガが足りないとかなんなんだよ(笑)。

発表会の後、
ちょいと作例を撮るために明治神宮前から表参道へぶらぶら歩き、
都営青山団地(青山北町アパート)が廃墟化しつつあることを知る。
多くの住民は退去を終え(まだ住んでる方もおりますが)、
静かに終わりを待ち、カラスが飛び交う様子。
とうとう。


午後はご近所の友人と
下高井戸に昨年できた保護猫カフェへ。
不思議地底窟 青の奇蹟。地底窟!


お店の人に話を通して、
猫連載への掲載許可を貰い、
猫撮りまくる。
ビル地下芝居小屋が猫カフェになってるので
照明は暗くて撮影には過酷だが、
過酷なら過酷なりに撮るのが仕事。



そのネタをかかえてそのままascii.jpの猫連載を書く。

さらに書きかけだったD3400のレビューを書いてメール。

D3400ってエントリー機のマイナーチェンジ扱いでけっこうスルーされてるけど、
新しいAF-Pレンズが面白いのですよ。
ニコンの一眼レフって、ライブビューにした途端、かなりアレだったんだけど
(キヤノンがデュアルピクセルCMOSなんてやってるから特に)
AF-Pレンズはコントラスト検出AFに最適化した構造になってるのか、
速いのだ。これは快適。
タッチパネル&バリアングルモニタのD5500をAF-P対応のファームアップして
AF-Pレンズ(まだキットレンズレベルのモノしか出てないけど)を買いたせば
けっこうライブビューで快適に使えるカメラになってくれるんじゃないかと思う。

それから、SnapBridgeもめちゃ快適。
なぜか最初はトラブって酷い目にあったけど
一度安定して動き出せばすごいわ。
スマホ時代のデジカメはこうじゃないと!
何しろ、気がついたらスマホに2Mサイズの写真が転送されてるんだから。
詳しくはレビューを読んでください。いつ公開になるかはアレだけど。
いちいちWi-Fiでつなぐとかめんどくさいもの。

今年のニコンは発売延期ものが出たりしてアレだったけど、
来年は面白いことになるでしょう。


0 件のコメント: