2012年3月29日木曜日

GALAXY Note触ったり4K体験したり

やっと春ですな。
相変わらずHDDの整理をしつつ、バックアップ撮りつつ、ascii.jpに猫連載を書いてメール。

夕方からは銀座へ。
4Kプロジェクターで写真を映して見せてくれるというので、
そういえば4Kは未体験だ、行ってみるかとそそくさと。
ああ、ここまでくると、きちんとした機材できちんと撮った写真はきちんと、適当な機材で適当に撮った写真は適当に、安い機材で撮ったアレな写真はアレアレにでかく写されてしまうのだよなあ。
クオリティがそのまんまバレるというのはおそろしや。
でもプロジェクターとは思えないレベル。超巨大な超薄型モニタを見てるといわれても信じるレベル。
おそろしや。

ついでに、丸の内のドコモスマートフォンラウンジへ向かう。
昨日発表されたGALAXY Noteに触れるかなと思って。
そしたらそれだけ人で埋まってて、ふたり待ちですといわれたので待つ。

Androidタブレット(いやこれはタブレットじゃなくてスマホなんだけど、タブレットっぽいんだよなあ。わたしの中ではタブレットの仲間だ)って基本的に興味ないのだが、今回のは別。
何しろスタイラス付であり、そのスタイラスがワコム式なのだ。
筆圧を感知できて、なおかつクリックボタン付。お絵描きにいいのである。
さらに目の付け所がよかったのは、metamojiの手書き文字認識エンジンを積んでるのだ。
その使い心地を見たくて、7noteとかメモアプリとかを触ってきたのである。
あ、metamojiの文字認識エンジンが他のアプリでも使えるかどうかをチェックするの忘れた。

さすがワコム式。スタイラスの使い心地は上々。
普通の静電容量式タッチパネルも持ってるので、指でもスタイラスでも操作できるのがいい。
手書き文字認識は相変わらず優秀で、
他社のAndroidタブレットに比べてコンセプトがはっきりしてるのがよいよね。

あとは、筆圧感知式スタイラスに対応したアプリがどれだけ出てくるかだなあ。
付属のアプリはまだ「こういうことができて便利ですよ」レベルだから、
もうちょっと機能性を上げて欲しいし操作もわかりづらい。
iPad用にたくさん出てるメモパッド系アプリが筆圧感知対応になって
これに移植されたら面白いだろうに。
筆圧検知対応のSkitchが出てきたらよいなあ。
お絵描きアプリも筆圧感知を利用したデキのいいものがいくつも出てくればかなり面白そう。

買うかといわれると、たぶん買わないけど、
やっとこういう製品がでてきたな、とは思う。

そういえばさ、せっかくここまで来たのに、なぜまたドコモはアプリ名に「半角カナ」使うかなあ。
いい加減、やめてほしいのだけど、半角カナが混じることに違和感がまったくないのなら期待できないか。

さてアップル。
1年以内にiPhoneとiPadの間を埋めるサイズのデバイスが出てくるんじゃないかと思ってるのだ。
たとえば、1024×768で5〜7インチくらいのiPad miniとか。
1024×768なら旧iPadと同じサイズなのでアプリもそのまま使えるし、
サイズを小さくすれば、Retinaまではいかなくても高解像感は味わえるしで理にかなってると思うのだが、
理にかなってるからといってやってくるとは限らないからなあ。
まあ、iPhoneが4.5インチとかになっちゃうのは勘弁。
今の3.5インチでいい。片手でちょうどおさまる。
幅は今のとあまり変わらず、16:9になることでちょっと面積が広くなるくらいならありがたいか。

0 件のコメント: