2012年3月23日金曜日

東京大神宮とか紀の善とか3月のライオン7巻とか

朝機材が届いて、よし、今日は作例を撮りながら打ち合わせに向かうぞ、
と外を見たら……雨。
ひどいよひどいよ(泣)。

でもまあしょうがない。
電車で飯田橋へ。
早めについて、カメラを持って東京大神宮。
……びっくり。
明治時代に伊勢神宮を分祀して、都内にいながら伊勢神宮に参拝できるという目的で作られた新しい神社って認識しかなかったからよけいびっくり。
境内には雨の平日だというのに若い女子がひっきりなしに出入りしてる。
Twitterで聞いてみたら、縁結びの神さまとして有名なのだという。なんてこった。いつの間に。
明治時代に「神前結婚式」を開発した神社(実は昔はそういう習慣はなかった)だから?
よくわからんが、境内は縁結び絵馬やら縁結びみくじやらそんなのに埋もれてたのだけはわかった。

でもって、玄光社で打ち合わせ。もしかしたら、久々に単行本を書くかも。古地図古道ネタで。
まあ企画書を書いてからの話だからイツニナルヤラ。でも面白そうな歴史探索+写真の本を考えねば。
打ち合わせのメモをiPad+スタイラス+7noteで取ってたら驚かれる。
特に手書き文字認識の精度に。そりゃ驚くよな。わたしも最初メチャ驚いたもの。
さらに、Adobe Ideaでラフみたいなのかいてこんな感じですかね、とやったらま、
編集者用にページのラフを描くアプリとかでるといいのにねとか話はそんな方向に。

せっかく飯田橋へ来たのだからと紀の善で抹茶ババロアを食い、紀の善裏で猫を撮る。

帰りは忘れずに「3月のライオン」7巻を買う。
ふふふ。相変わらず。この巻は特によい話満載でした。
あまりに密度が濃くていろんなものが詰まっているので、読み終えたときは海の底から浮かび上がったプハーッという感じ。
どれだけ集中して物語を紡いでいるかが伝わってくる名作となっております。
未読の方はぜひ。これだけきちんと書き込める作家さんはなかなかおりません。



夜は家電批評の原稿を2ページだけ書いて作例とともにメール。残り2ページは明日だっ。ねもい。

0 件のコメント: