2012年3月8日木曜日

新しいiPadとiOS5.1とiOS版のiPhotoをまとめて雑感

Appleの新製品発表は、Twitterしながら海外の速報サイトを見るのが一番楽しいですな。

・新しいiPad

一番ウケタのは、みなが「はやく新製品の製品名をいえー」と叫んでるとき。
結局「The new iPad」のママでした。
製品名はiPad。iPad3ではなく、単なるiPad。iPodやMacは名前を固定して、その分「iPod touch(3rd generation)」とか「iMac (mid 2011)」なんて表記がなされるんだけど、iPadも(おそらはこの先のiPhoneも)そうなるってことなんでしょう。
iPad2は値下げして併売されるので、店頭に「新しいiPad」と「iPad2」が並んでて見た目の区別はつかなくて、販売店もユーザーも混乱しそうではある。うーむ。

まあ一見、地味だけど、Retinaディスプレイはスゴいと思うよ。革命的。
1024×768がいきなり2048×1536だもん。デジカメでいえば300万画素。
解像度でいえば264dpi。
日経のust座談会に出てるとき、西田さんが、インクジェットプリンタは300dpiになったとき一気に普及した。タブレットも300dpiクラスになれば印刷物と変わらない解像感が得られるので、そこで大きくかわるだろうといってたのに同感。
一見、ディスプレイが高解像度になっただけなんだけど、これはもっと評価されるべきでしょう。
たとえば、老眼じゃなければw、A4の雑誌をそのまま拡大しなくてもちゃんと読めるだろうし、
コミックなら見開きをそのまま読める。
映画もフルHDのまま観られる。

ああ、Cyber-shotはWi-Fiを使って写真をiPhone/iPadに転送できるようになったのだけど、転送時に200万画素相当に縮小されちゃうんだよね。iPadは300万画素相当なのに。あっという間に追い抜かれました。
ちなみに、FinePixやIXYは縮小した画像でも3M相当です。IXYはフルサイズでも送れます。

カメラ機能の強化はまあ普通に。今までがしょぼすぎただけ。

残念なのはLTE。これ、目玉機能なのだけど、
ソフトバンクから発売されるのはLTE使えず。
au(からも出るといわれてる。4月以降になるらしい)はWiMAXで、LTEは採用してない。
iPadだけでいいからドコモから出ないかなあ。LTE対応で。。。。

そんなわけで、AppleStoreでWi-Fi版を予約。64GB。白。
ああ、はじめてネットで買うiPadだ。ちゃんと3月16日に届きますように。
並ばなくていいのだから、行列をひやかしにいくか。

・iOS5.1

同時にiOS5.1が登場。こちらはiPhone4sでもiPad2でも使える。日本語版Siriも搭載。
さっそくアップデート。
ホームボタンをダブルタップしなくてもカメラを使えるようになった。
カメラアイコンを上にスワイプするとカメラになる←誤操作防止のためか
さらに、Siriが使えるとか、フォトストリームの写真も削除できるようになったとか、auの人もiMessageやFaceTimeが使えるようになったとか、そんなアップデート内容。
よしよし。
これでauの人にiPhoneを勧めやすくなった。

・iPhoto for iOS

iPhotoも出たので早速購入。
編集機能は面白い。思ったよりよくできてる。だがしかし。
・カメラロールの写真の管理が……orz。日付別にイベントを切ってくれるとか、検索できるとか、なんか管理しやすくなってくれるかと期待したのに、そこはダメでした。かなり残念。カメラロールに既に数千枚の写真があるから、そこから写真を探せる機能が欲しかったんだよな。撮影場所とか日付とか撮影月とかで。
・写真にフラグをつけたりフラグつけた写真だけピックアップしたアルバムができたりその辺はよい。
カメラロール内の写真を撮影年月などで分類する機能欲しい。
・編集後のフォトライブラリのアップデートが重い←写真の枚数が多いからかなあ。
・位置情報付の写真から撮影地の地図を表示できるのだけど、地図がGoogleMapじゃなくなっててびっくり。
どこの地図だ?
・写真のレタッチ機能はかなりイケてる。下手なレタッチアプリ全滅の勢い。微妙な傾き補正や部分補正や色調整や、インタフェースもアップルらしくて面白いし。これはよさそう。
傾き補正中。ダイヤルを回す音が楽しい。
・iPhotoからTwitter、FaceBook、Flickrに写真をアップロードできる。これはよい。

あとはまあ思いついたら追加する。
そんなわけで、iOS版iPhotoの記事の依頼、お待ちしております←flick!が休刊となったので営業活動w

0 件のコメント: