2012年8月30日木曜日

中山道板橋宿

板橋へ行ってきた。
新宿で乗り換えて埼京線で池袋→板橋なのであるが、つい油断して十条までいっちゃって戻ったのは秘密。iPhoneでサムスンがGalaxyカメラなんていかにもやりがちな代物を発表したというニュースを知ってつい読んじゃってたから。

板橋駅に戻って東口に出て近藤勇。
仙川上水跡をわたってこの辺に板橋の一里塚跡があると思ったら何の跡形もなく、
暑いのでクーリッシュ。
いたばし観光センターなるところにあとで立ち寄って尋ねてみたところ、
八百屋の前あたりがそうだったと教えてもらう。
(あとで写真を見返したら、その八百屋が写ってるカットがあってラッキー)
そんな感じで旧中山道を板橋駅前から板橋まで歩きつつ、
写真を撮ったり、立て看板を読んだり、観光センターの人とお話ししたり。
旧中山道を歩いてたらいたばし観光センターなる施設を見つけて
板橋宿の案内パンフでもあればいいなと立ち寄った瞬間、
待機してた職員の方やボランティアの方の目が輝いて
あれこれ話しかけられたのでいろいろと板橋宿の話をしたり
元祖板橋ってどこにあったんでしょうねと話を振ったら
(ちなみに、中山道にある板橋は地名の元となった「元祖」ではないです。たぶん)
話題があれこれ広がって徳川家康が入府したころまで遡って楽しい時間を過ごすも
今日1日でひととおり回って写真を撮りたかったのであまり長居もできず残念。
もうちょっと歴史談議したかったと思うことしきり。

さらに中山道を北上する。
クライマックスはやはり縁切榎。
縁切榎は小さな祠なんだけど、その前の絵馬が凄くて、
とにかく縁を切りたい人たちが具体的に恨みつらみを書き連ねていて
なんかすごいです。
その脇に「縁」と書いてあるガチャがあるのがまたシュールで
やはりこれは「縁ガチャ」と呼ぶのだろうかとふと思ったりしつつ、

予定より30分くらいはやく辿れたので
このまま地下鉄に乗るのも野暮だし、かといってさらに志村まで歩く元気もなく、
路線バスでも走ってないかなとバスアプリで調べたら、
環七を延々と走って最後は新宿西口へ行くというバスを発見、
バス停まで歩き(地下鉄駅から離れたとこにしかバス停がない不思議)、
バスで新宿西口へ。

帰宅してじゅうだい女子ワールドカップの準々決勝を観戦しつつ
ascii.jpの猫連載を書いてメールして
今日の写真を吸い上げる。

女子サッカーの進歩の速さってすごいよな。
Lリーグの時代から(まだ旧姓永里はベレーザにいたし、野田朱美が代表キャプテンだったし、エースはあの髪もじゃもじゃの人だった)ときどき観てたんだけど、
あの頃は人の動きもボールの動きも精度もキック力も「ああ男子とは違うなあ」という感じで、蹴り方がまだぎこちない選手もいたのに、
今回のU20女子大会観てると、蹴り方はスムーズだし身体はサッカーの動きしてるしキック力もあるしで別のスポーツのようで、
特に男子のような力でねじふせる的プレーがない分、
技が目立つので観てて楽しいし、
なんか日本の代表選手が守備も攻撃も楽しそうにやってるのがいいよなあ。
いやはや、予想以上に面白かった。
ただ準決勝ではパワーのある相手が相手なのでどう対処するのか興味あるです。


0 件のコメント: