2012年8月7日火曜日

メキシコはタフだった。日本はメンタルが弱かった。

エイ出版のiPhoneアプリ本の残り6ページをなんとか仕上げてメール。
ふはー。16ページも書いたんかー。久しぶりだそういうの。
ちなみに、歴史散歩系アプリ、カメラアプリ、自転車系アプリを担当したですよ。
返す刀でMacPeopleのレビューを書くぞ……
あ、その前にサッカーみなきゃ。
日本vsメキシコ……
いやあ、メキシコ強いわ。
動きが俊敏で連動しててポジショニングがいい。
だから日本代表がいつもの調子でパスを回そうとするとことごとく邪魔される。
大津の先制点は素晴らしかったけど、そのあと、動きが重くなったというか、
今までの4戦で観られた球際の粘りや動き出しの速さがなくなってきたというか、
やばいなこれはと思ってたら同点に。
そこまではしょうがない。
2点目以降だな。
トゥーロン国際大会を観てて不安だったのは、ミスした後の立ち直りが遅すぎることで、
ミスした動揺をひきずったまま点を取られたり、想定外のファールを取られて、今のファール?ファール?えっ?って顔をしてる間に決められちゃったり(そんな失点、あったよね、確か)、そういうメンタル面の弱さがテレビ越しでも感じられたことで、
これでオリンピック大丈夫なのかと思いきや、
吉田麻也がチームにはいって上手いけどタフさがないチームが、上手くて強いチームに変貌し、その辺もしっかりしてきたのかなと思ってたら、この試合で出ちゃったようにみえました。

いやあ、負けました。残念。メキシコは強かった。素晴らしい。
メキシコの方が前の試合120分闘ってて疲れてたと思うのに、日本よりタフでした。
永井も本調子じゃなかったし。宇佐美は覚醒しなかったし。
3位決定戦までに立ち直りますように。

とかいってたらレビュー書きかけのまま寝ちゃいました。あらま。

0 件のコメント: