2014年6月8日日曜日

[雨期雨季]なのでテレビ見る

うちのソニーのBDレコーダーは(といいつつ、BDドライブを一度も使ってないんだが)、
「おまかせまる録」なんて機能を持っていて、
ほっといたら、勝手にいろんな番組を録画してくれやがるのだ。

まあおおむねどうでもいいので
「またこんなしょうもないもの録画しやがってー」といいつつ消すのが日課なのだが、
こいつが「NHKの歴史物」をいろいろ録ってくれるのでそれだけは
時間があるとき観てるのである。

歴史秘話ヒストリア:ネタがいいときは見るんだけど、この番組はあまりにポエムを聞かされるので好きじゃない。情緒に走りすぎ。

BS歴史館:どうも今やってるのは再放送ばかりっぽいのだが、これは面白い。マニアックな上に見地をもつ専門家がいろんな立場から語りつつ、史実もおさえてくれるし、渡辺真理のツッコミもなかなか筋がよくて欠かさず見てる。そもそも、江川達也氏が出てる桶狭間についての回を見たのがはじまり。それ以来、BDレコーダーが勝手に歴史ものを録ってくれるようになったのだ。

英雄たちの選択:最初はどうなるかと思ったけど、司会の磯田道史氏がなかなか面白く、歴史のIFをうまく盛り込みながら歴史上の事件を語ってくれる。

今日録画を見たのは、奥州藤原氏が義経をかくまったくせにしまいには頼朝の命令に従って義経を殺しちゃった事件。あのとき、藤原氏が義経を総大将として頼朝軍と一戦交えるつもりで腰を据えたらどうなってたんだろう、ってみんな思うじゃない。最後はそこに話を持って行くのだ。日本は都を中心とした西と、鎌倉-江戸を中心とした東の二極だったが、これに東北をまじえた三極になっていたら日本の外交もかわってたろうってな流れはなかなか。

さらに昨日見そびれた「日本vsザンビア」戦。
背番号1のGKは出られないの法則で、西川くるかと思ったが、この試合を見る限りではあぶないなあ。西川のGKを見たかったんだが。
まああとは、ザンビアが日本対策を思ったよりしっかりしてきてて、
対策されると打開できないじゃんってことと、
そういうときは大久保が必要ってことと、
遠藤はやっぱ途中から出る方がいいよな、
いっそ、先発は山口と青山でいいんじゃないかということと、
香川と本田が本調子じゃないってことと、
(どっちもありえないミス多すぎ)
でもこればっかは本番にならないとわからんのでなんともいえん。
直前に「これはいけそうだ!」と思うとロクなことないってのは
2006年のドイツW杯でいやってほど見せつけられたから。

そういえばブラジルってスタジアム完成したんだっけ?

気がつくと、「タモリ倶楽部」と「サッカー中継」以外はNHKしか見てないんだよな。
そんなわたしは、ちゃんと受信料払っております。

という感じで、雨期雨季とテレビ見たりHDDのバックアップ取ったりしてすごした日曜日でした。
梅雨だからしょうがない。

あ、シャーロック3の最終回をまだ見てないや。見なければ。

ところで、わたしのTHETAはどこへいってしまったんでしょう?
ううう(泣)。


0 件のコメント: