2011年5月3日火曜日

虐殺器官読了の日

原稿は仕上がってない。
このまま悶々としても仕上がる気がしないので
いつもの美容院で髪を切ってもらう。
ばさばさばっさり。
久しぶりに髪をキリにきた雨の中

まだ仕事テンションにならないので
読みかけの「虐殺器官」を読む。伊藤計劃。
2007年の作品。
ああ、なぜ今までこれを読まずにいたのだろう。
紛れもなく、
わたしがもっとも求めていた現代を描いた小説だった。
見事すぎる。
しばらくSFから遠ざかっていた身にとって
ブランクは大きかった。
こんな傑作が書かれるようになっていたなんて。
ビンラディンが殺された今でもまだ必読書なり。
ビンラディン殺害の余韻が残るうちに読むもまた一興。
「ハーモニー」も買ってあるので、次に読む。

0 件のコメント: