2012年6月27日水曜日

自転車で調布方面を走る

ちょいと、甲州街道から布多天神社や国領神社、佐須あたりをフィールドワークってな感じで
OM-DとX100を持って自転車で。
まあ趣味といえば趣味、仕事といえば仕事。
けっきょく、布多天神社にしろ国領神社にしろ、この界隈の古社古刹は遡るとみんなもともとは多摩川近くにあり、多摩川氾濫を避けるためだったり、江戸時代に甲州街道ができてそっちに集落が移ったりした関係で移転したものなんだよね。逆にいえば、多摩川沿いではじまった集落は時を経るにつれ徐々に北上し、江戸時代には今の甲州街道の場所(台地上)に移ってきたといえるわけ。
その辺の歴史の流れが面白い。
ついでに今までちゃんと撮ってなかった甲州街道沿いの細々とした史跡を撮っていく。
甲州街道の佐須街道入口
佐須街道の入口。地蔵菩薩っぽく見えるんだけどどうなんだろう。調べてみなければ。

で、あれこれ寄り道しつつ帰宅。
仙川駅前の一里塚跡碑は今回はじめて見たわー。いつもその前をぎゅわんと駆け抜けてたので気づかなかったし。

国領神社は国領駅ではなく布田駅前にあり、布多天神は布田駅前ではなく調布駅前にあるってのが微妙で面白い。

夜中はEURO2012
今回のEUROでスペインがここまで苦労したのははじめてみたわー。
ポルトガルががんばってスペインを封じ込めた形で、あとはロナウドよろしくーだったけど、ああ、あのチャンスはせめて枠に飛ばして欲しかった。
スペインとポルトガルだと、強いのはスペインだったわかりきってるんだけど、ついポルトガルを応援しちゃうんだよな。昔から。なんでだろ。フィーゴとルイ・コスタとヌーノ・ゴメスとあの頃のポルトガルの奮闘が頭に残ってるんだよな。いい感じで来たのに最後の最後にハンドをとられてPKで敗退したのってEURO2000だったなあ。
サッカーを本格的に見はじめたときの印象って尾を引くもんだなあと今更ながらに。
だいたい、イタリア90くらいから見はじめたけど、よく覚えてるのはEURO96からだから。
なんか、今回のベスト4は順当すぎてなあ。
これで決勝がスペインvsドイツだったらもう前回と同じ……いやまてよ、4年前と同じ組み合わせって逆にすごいことじゃないか。 



0 件のコメント: