2012年6月1日金曜日

IGZOはやっぱ「イグゾー」と読みたいよね

朝から富士フイルム本社で取材。
久々にAir13をバッグに詰めこんで出動。
ミッドタウンで猫を見かけたが、撮ってたら遅刻するのでスルー。
取材終了後、再度訪れたらもういなかった。残念。
まあそんなもの。
帰りにauショップへ立ち寄り、使ってなかった回線をひとつ解約する。
今年になって不要になってたのだが、2年シバリのおかげで違約金不要になるまで待たねばならなかったのだ。
この6月でちょうど2年だったってことで。

シャープのIGZOの発表会に行きそびれたのが残念。
これでディスプレイも300dpi超が当たり前の時代がくるんだろうなあ。
やっと、ですな。
昔は、解像度が上がるとその分文字が小さくなってた。それでは意味が無い。
でもiOSはそうじゃない。
今まで1ピクセルで表現してたものに4ピクセル使うことで精細感を上げた。
MacOS Xもその仕組みをOS自体が持っているらしい。
だから300dpi超のディスプレイが来ても、文字を小さく表示するのではなく、同じサイズで精細感を上げられるようになる。そうなると、ディスプレイが印刷物クオリティになる。
WYSIWYGって言葉を思い出すくらい。
これは時代が変わる。
まあMacOS Xも全アプリで問題ないかというと、多分、表示が乱れるソフトも出てくるだろうけど、
うまく対応して、本格的な高解像度時代がくると楽しいなあ。
Windowsはその辺対応できてるんかな。どうなんだろ。

本格的にやってくるのはあと2〜3年後か。
でも次のiMacやMacBookはRetina Displayになるという噂もあるので
意外に早いかもしれない。

ディスプレイ解像度が上がると、それにともなって周辺に要求する性能も上がるわけで、
うまくすれば、いい感じに進化するはずです。

0 件のコメント: