2012年6月3日日曜日

「ル・アーヴルの靴磨き」鑑賞して「日本vsオマーン」観戦

いい映画を観た。

ほさんが絶賛してるので観に行こうと妻がいうので
どんな映画なのか、タイトルも監督もノーチェックのまま
(事前情報ゼロってのもたまにはよし)
新宿武蔵野館で「ル・アーヴルの靴磨き」(アキ・カウリスマキ監督)鑑賞。
怖ろしいことに一瞬たりとも退屈することなく、見終わった後にこれだけ気持ちよくなるとは予想外でしたよ。

「絵」がいい。どのカットをとっても絵がいい。ピシッと緊張感があって味わいがある。もうそれだけでいい。
出てくる人たちがいい。みな味わい深い。じいさんばあさんばかりで、若い女性なんてひとりもでてこないのだけど。
誰も走らない、誰も叫ばない、誰も泣かない。それでいて表現豊か。それも素晴らしい。
どんなにお金がなくてもワインとカフェとタバコは欠かさないのもいい。

でも、よい映画すぎて途中から違和感を感じ始めるのです。
こんなに良すぎていいんだろうかという、その違和感はラスト直前でピークに達するわけで、
良すぎるから違和感を感じるなんてなんて贅沢なと思いつつ。
あとで調べたら「非現実的な物語」と監督がいっていたそうで、ああ、あれはわざとだったのだなと。
その辺、詳しくはほさんのレビューをどうぞ。必読。

ル・アーヴルの靴みがき | Movie Boo

「ラヴィ・ド・ボエーム」も観なければ。

帰宅してちょっと休憩して「日本vsオマーン」観戦。
オマーンですごいのはGKだけだったなあ、なこともあって、日本が快勝。
本田と香川が揃うと楽しいわー。スイッチを入れる瞬間が観ててワクワクする。
日本で不安だったのは遠藤。大丈夫なんだろうか。
調子が悪いのか、うまく前線のリズムに乗れなかったのか。

緩急の緩を本田がコントロールするとなると、
遠藤より細貝の方がバランスいい気がする。

さて、日本カメラの原稿を書いて寝るか……と思ったのだが、
体力と集中力が続かず、下書きだけしてダウン。うーむ。


0 件のコメント: