2012年7月4日水曜日

神田川クルーズで船遊び

晴れてるなあ、作例撮りに行かねばなあ、でもどこへ行こう、いつもと同じじゃつまらないし、必要最低限の写真は撮れてるから、それなりにネタになるようなのが欲しい、
なんて思いつつ日本カメラの原稿をなんとか仕上げてメールして1時間だけ寝て起きて
よし、また日本橋へ行こう、と。
タイムテーブルを調べたら、今日の12時から日本橋クルーズの神田川コースが航行されるのだ。
先週行った日本橋川コースは30分の短い行き来だけど、神田川コースは75分で距離も長い(料金も2,000円)。
どんなルートかは知らんけど、神田川までは行ってくれそうだ。
てなわけで、眠くて倒れそうだったけど、12時からの1本だけなのでがんばって出発。
またもや乗っちゃいました。今度はカメラ2台+スマホ1台+iPhone。iPhoneはおまけだけど、数が多いと大変。

コースはこんな感じでした。
日本橋からスタート。
まず日本橋川を遡る。江戸時代の石垣は残ってるわ、暗渠化された水路跡が口を開けてるは、上空の首都高が陽射しを遮ってくれたおかげで熱中症にはならないわの楽しい船遊び。
日本橋川遡り中
やがて神田川に合流して右折。
神田川合流直前にくぐるJR中央線・総武線鉄橋。レンガの古さがたまらん。

神田川合流ポイント。向こうに見える青い橋が水道橋
ここからは、JR中央線や総武線の窓からよく観てた光景。
まさかそれを川の中から観られるとは。
この神田川ルートが垂涎もの。
何しろ、
右手に中央線を観ながら丸ノ内線の下をくぐり、
聖橋と丸ノ内線
総武線の高架をくぐり、
一度くぐって観たかったJR総武線高架
右手に万世橋駅跡をみつつ
右手が万世橋駅跡。この写真だけiPhone
今度は山手線をくぐるという
山手線
大ネタの三連発である。

やがて舟は幅がひろい隅田川に出て、
ホタルナやヒミコの引き波に思い切り揺られ、
すれ違ったヒミコのお尻
客のひとりが麦わら帽子を風に飛ばされて
(ちゃんとあごひももしばってたのだが、風が強くてもってかれた)
それをとりに戻るハプニングもあり、予想以上に面白い展開。

そのあとは、前回の日本橋川クルーズと同じ。
日本橋川に入り、左手に中央がくりぬかれた三菱倉庫をみながら(外壁だけ残すため)、
中央がごそっとくりぬかれた三菱倉庫を川から眺めるの図。
昭和5年竣工。もちろん日本橋川を使った物流のためここに作られた。
このくりぬきっぷりをつぶさに眺められるのか川からだけっ
日本橋に戻ってきたのでありました。
無事日本橋へ帰還。左下に見えてるのが乗ってきた船
いやあ面白かった。
日本橋川と神田川と隅田川、3つともテイストが違ってるのがまたよし。
歴史好きにも船好きにも川好きにも近代建築好きにも電車好きにもおすすめ。
特にくりぬかれてる三菱倉庫を観られるのは今だけだし。
まだあまり知られてないせいか、25分前にチケットを受け取れば余裕で乗れたし。
これで2,000円は安い、と思う。
船に屋根がなくてシンプルなのもよし。ゴテゴテした飾りはいらん。
ただし天候が悪いと運行中止なので要注意。

途中、わたしが乗ったような観光クルーズ的な船を含む多くの船と遭遇。
この夏、流行りそうな気配でありますな。
船着き場が日本橋ってのもよいし。
今度こそは、仕事用のカメラ抜きでのんびりと乗りたいーー。

その後、銀座まで歩き、AppleStoreでRetinaなMacBookを触り、
ロカンダで飯を食って帰宅し、写真読み込んで雑務してたら疲れ果てて
寝ちゃって起きたら、NewsWeb24もツール・ド・フランスも終わってました……orz
新城の敢闘賞、みたかったよぉ




0 件のコメント: