2012年7月10日火曜日

スポーツカムというジャンル

アクションカムというのかスポーツカムというのか
そんなカメラがあって、自転車の世界では「Go Pro」が有名で、
ヘルメットやハンドルや板やゴーグルやいろんなとこに装着して
車載映像みたいなのを撮ろうという頑丈で小さなカムコーダーで
海外ではずいぶん前からそういうコンセプトのカメラが出てたんだけど
日本では輸入品ばかりで、
まあ、X-gamesなんてやってる国と比べてはいかんし、
スポーツカムに対する需要もあまり高くなさげなんだが
名だたる日本のAV家電メーカーがどこも手を出さないというのも
なんだかなと思っていたのも確かで、
やっとビクターから出てきたのが、GC-XA1なのだ。
まあこれもアメリカから持ってきたような感じの製品だけど
こういうジャンルが認知されるにはやっぱ日本のメーカーから出ないとね。

で、それが手元にあるので使ってみなきゃいけないのだ。
詳しくはレビューで、なんだけど、
ヘルメットにつけたりハンドルバーにつけたりして走ってみた。
疲れた。
ハンドルバーやヘルメットだとやっぱぶれがでかいなあ。
でも面白い。
昔、自転車車載映像や車載写真にハマってたころにこれがあれば
あんな苦労しなくて済んだのにー。
たとえばこんなのとか撮ってあそんでたもの。これ作ったの、たぶん2005年。
カメラはペンタックスのOption MX4。これ、楽しいカメラだったなあ。でも後継機が出なかったんだよなあ。もったいないなあ。考えてみたらペンタックスってこのころにはもう「ヘンなカメラを作る会社」だったなあ。

で、帰宅して家電批評の原稿を書いてメールして
さらにITMediaにX6iの原稿を書きつつダウン。

0 件のコメント: