2011年9月15日木曜日

GR DIGITALも4代目に突入

2005年に初代GR Digital。
2007年に2代目、2009年に3代目ときたら、今年は4代目の年である。
3代目でかなり完成度が上がってたのでどうするのかなと思ったが、
4代目も撮像素子は変わらず1/1.7インチの1000万画素CCDのままで(これは何の問題も無い)
画像処理や電子水準器(あおり対応)やAF速度(パッシブAF復活)やそんな基本的なところを強化しての登場。
あ、背面の十字キーのデザインが変わった。新しい方がわたしは好き。

GR Digital IV

でもって、10,000台限定でホワイトモデル!
昔はカメラといえばブラックとシルバーが定番だったんだけど、
iPhone以来、ホワイトモデルが増えましたなあ。ブラックとホワイト。
GR Digital IV
GR Digital IV

カメラについての細かいコメントはなし。だって、GR DIGITALはGR DIGITAL。

ただなあ、最強のストリートスナップカメラではあるんだけど、ストリートでスナップを撮りづらい世の中になっているのだよなあ。ヘタに撮ると捕まったりしかねない感じだもの。

ただなあ(その2)、順当な進化ではあるんだけど2年たってるし、価格も8万円くらいと初代GRD登場時と変わらないのに、今はそれでミラーレス一眼が買えるわけで、ハイエンド機ならではの何かが欲しい。個人的には、撮影モードダイヤルなんてとっちゃって、代わりに「A/1.9/2.0/2.8……」って絞り値ダイヤルを入れるとか、そんなクラシカルな操作系なんてどうかと。内蔵ストロボを取り払ってそこにポップアップ式EVFをつけるとか(あのスペースでできるのかはさておき)。

0 件のコメント: