2011年11月30日水曜日

野川でサギ

あ、29日の日記、書いてないや。まいっか。まあ、ちょこまかと作業したり原稿を書く意外は何もない地味な一日でしたということで。

さて、
晴れてるのでジリジリとバイク便がくるのを待ち、到着したら即座にバッテリの充電をはじめ
フル充電を待って日時やら何やら基本的な設定をしてバッグにカメラをつめて自転車で野川へ出発したのはもう13時過ぎ。
とりあえず望遠作例が欲しいから鳥でも撮るかな、と。
でも川原ではエンジン音を響かせて草刈りが行われており、そのせいか、カルガモやサギしか見当たらず。
日がすぐに傾く季節なので粘ってもしょうがないなと離脱。
残念。

帰宅してデジカメマガジンの連載を仕上げてメール。
つづいて、ascii.jpの猫連載用の写真をセレクト。

森浩一「記紀の考古学」や「古代史おさらい帖」を読んでたら日本書紀をちゃんと読みたくなったので現代語訳版を買って枕元に置いてるのだが、これが、よく眠れる(笑)。いい感じに、数ページ読むと眠くなる。眠れないときにぴったり。
ともあれ、「欠史八代」といわれてる2〜9代の天皇の記述は確かにめちゃ短いんだなあとか、実は日本書紀には異説も同時に紹介されてて概略として我々の目に触れるのはそのうちの一部でしかないんだなあとか、やっぱ抄訳じゃなくて(現代語訳とはいえ)全文に当たるのは面白い。

0 件のコメント: