2011年11月20日日曜日

染井散歩の日

妻が染井コミュニティ広場にネコがたくさんいるらしいので行ってみたいというので
じゃあ今日は染井猫散歩だ、っていうことにして、別途夜景やイルミネーションを撮らねばならないので、そのための三脚も持って、小田急から山手線、駒込駅で降りてそばを食って、
この辺りに来ると歴史/古道好きの血が騒ぐので
まずは妙義神社へ立ち寄る。日本武尊が云々はまあアレとして、室町時代に江戸城を作った太田道灌が15世紀にここに参拝したのは確かかと思われるので、かなりの古社。
染井散歩-妙義神社
太田道灌ゆかりの妙義神社
そこから裏道を歩いて染井稲荷へ。
染井散歩-西福寺
染井稲荷横の西福寺で
北上して染井銀座にはいり(どうも染井銀座は川跡に作られた道のようだ。明治時代の地図ではまだ川である)、
染井コミュニティ広場で猫と戯れ、
染井散歩-猫
猫!
そのまま西へ向かって、古道にたどり着く。ここ、実は未踏だったのだ。
池袋から今の明治通りを北上し、途中から北西にはいって日光御成街道につながるのが鎌倉街道。
途中で北東に枝分かれして豊島郡衙(あるいは平塚城、平塚神社)に向かうのがこの古道で、
芳賀氏は武蔵国府と豊島郡衙を結ぶ、郡衙道と考えていたようだ。
さらには、一時期古代東海道としても使われた可能性も高し。
染井散歩-鎌倉古道
古道なり
そんな道である。
で、本郷通り(江戸時代は日光御成道)に出たら、旧古河庭園へ立ち寄りちょいとだけ散策。
紅葉なりかけですな。
染井散歩-旧古河庭園
紅葉はまもなくですな
染井散歩-旧古河庭園
洋館には突如立ちこめた暗雲が似合う
北上して武蔵野台地から崖を降りて上中里から京浜東北線で浜松町へ。
貿易センタービル40F階から夜景作例を撮るも、歩き回って疲れたのでそのまま退散。

0 件のコメント: