2013年1月14日月曜日

目が覚めたらそこは雪国だった

目が覚めたらそこは雪国だった。
今日は読書と仕事で家から出ないつもりだったけど
これだけ大雪が降ったら話は別。

ここまで降ったらでかけたくなるでしょうと
妻と意見の一致をみて、
防塵防滴というOM-Dに防塵防滴というパナの12-35mmをつけ、
外に出る。
いやあ雪ですわ。

こんな日にチェーンもまいてないノーマルタイヤででかけるというのは無謀だよ、近所でも動けなくなってるBMWが道を塞いでたりするし。
歩行者としてもそういう車がやってくるとこわくてしょうがないもの。
巻き込まれたくないし。
みなさまお気をつけを。
こんな日にも配達せねばならない運送業者の方、お疲れ様。
ちなみにちゃんとチェーンを巻いてました。
ピザの宅配も一部店舗では受付を中止してたそうです。
それは賢明なり。
休日でもあることだし、はずせない用件がある人以外は無理に日常通りにすることもないのです。

OM-D + 12-35mm

さて、何やら強い西風で横殴りの雪で
幹にはこんな風に雪がへばりついてる。
OM-D + 12-35mm
傘なんて役にたたんやろというレベルなのであるが、
それが役に立ったのである。

ホリグチで昼飯を食い、外に出た途端、
傘に思い切り重たい衝撃を感じて、
傘の骨が頭にゴツン。
いやあびっくりした。
屋根だか電線だかで固まった雪塊が真上に落ちてきたのだ。
かなり重くてでかかったけど、その雪塊はバラバラになってて証拠隠滅。
あなおそろしや。
どのくらいおそろしかったか。
そのときさしてた傘、ビニール傘じゃなくて、安物ではあるけどそれなりにしっかりした傘が雪のかたまりを受けてこんなことになったのだ。
OM-D + 12-35mm
傘を支える骨がぐにゃんと歪んだのみならず、
センターポールまでくの字型に曲がってる。
どんだけ衝撃がでかかったんだ。
もし傘を差してなかったら頭直撃である。
あなおそろしや。
守ってくれてありがとう、傘。
みなさまもお気をつけを。

さてもう午後も遅く、どこへ行こうか、いっそのこと鶴巻温泉でもいって風呂入るか、都会へいって都会の雪景色を楽しむか、
いやここは多摩川へ行って、猫の写真でも撮ろうということで登戸へ。
いやあ、誰もいない多摩川の川原ってのもいいわ。
で、猫はというと、1匹だけおりました。
おどろかせちゃってすまん。
雪の多摩川猫
雪から避難中
せっかくの大雪を多摩川の川原でもうちょっと楽しみたかったのだが、
雪が極めて雨に近いみぞれにかわっちゃって、
そうなると楽しくないので早々に退散。残念。

それにしても、モンベルでクリマエアジャケット買っといてよかったー。
あれ、軽くてふわふわでめちゃあったかいわ。中間着にちょうどいい。
アウトドアブランドの防寒着は実用的ですばらしい。

0 件のコメント: