2013年1月7日月曜日

今日の注目はPowershot Nか

年末に眼鏡屋さんにお願いしといたレンズを取りに行ったわけで、
近視の度を調整し、
ローガンを2段階強くしてもらったのです。
ますますローガン卿です。

ローガン卿になるとカメラの液晶モニタを見るのが辛くなるわけです。
特にMFで細かいピントを合わせようとすると
メガネをはずさなきゃいけない。

EVFはそんなローガンに優しい。
視度補正がついてるから。

それはさておき、
今日から通常進行ってことでGH3のレビューを書いてるのだけど
続々とCES方面から新型カメラの発表やら噂やらが舞い込んでくるので
全然進まない。いかん。

ペンタックスのMX-1とか富士フイルムのX20とかおもしろげなハイエンドコンデジが出ている中(ハイエンドコンデジは今年もおもしろそう)、一番の注目はキヤノンでしょう。
それはPowershot N。
Canon USAより
いやあ、コンデジはこうでなくちゃ。もう想像以上のフリーダムっぷりに泣けます。
欲しいです。まじで、これ。画質が多少悪くても、買います。きっと。
背面全部がモニタでチルトするのは普通として、
写真を見ると「ズームレバーとシャッターはどこ?」となるじゃないすか。
実は、レンズの根本のリングが「ズームレバー兼シャッター」なのだ(たぶん)。
ここを回すとズーミング、押すとシャッター。
Canon USAより
米キヤノンのページによると、どの方向から押してもシャッターは切れるらしい。
つまり、フリーダムなカメラなのだ。
モニタを180度チルトにして自分撮り対応にしなかったのは謎だけど。
ついでにWi-Fi付。スマホ時代のコンデジのひとつですな。
どうみても両吊りストラップで首からぶら下げて歩いてちょいとしゃがんで猫を撮る的な使い方をしろといわれております。
Canon U.S.A. : Consumer & Home Office : PowerShot N White
はやく実物が見たいですな。

デジカメ黎明期って、「デジタルだから今までのカメラの形状にとらわれなくていいんだ」とばかりにユニークなカメラが続々出てたのだ。
CASIOのQV-10を皮切りに、ニコンのCOOLPIX 9xx系とかCOOLPIX SQのスイバルとか、レンズ部分が回転するソニーのCyber-shot 55系や505系とか、富士フイルムのFinePix 700系の縦型とか、ミノルタのDimage Vなんてカメラ部分を着脱できたし、ペンタックスのOptio MX4のガンスタイルも面白かった。
でもキヤノンのIXY Digitalがヒットして以来、
銀塩カメラを彷彿とさせるコンサバな「四角いカメラ」がすっかり主流になっちゃって、
面白みがなくなってたのだ。本体をコンパクトにして大きな液晶モニタを搭載してズーム倍率を上げて……って部材を考えると、無茶な形状は難しい。

でもPowershot Nは基本形状は四角いんだけど、シャッターボタンを思い切り変革することでフリーダムにしたのだ。
いやあ、この手があったか、的な。
実用レベルとしてどうなのかは別にしても、
アイレベルで構えたいときはどう持てばいいんだ?的な疑問はあるにしても、
これは欲しい。


3 件のコメント:

いぼじ_きれじ さんのコメント...

おお、なんかこれいいですね。女房を騙くらかして買ってしまいそうな予感が大です。

いぼじ_きれじ さんのコメント...

おお、なんかこれいいですね。女房を騙くらかして買ってしまいそうな予感が大です。

ogikubo kei さんのコメント...

買いましょう!……いや、一応実物を見てから(笑)