2013年1月3日木曜日

こだまで東京へ戻ってしごとはじめ

義弟の車で大曽根まで送ってもらい
中央線で名古屋駅へ。
大曽根駅。XZ-2
もちろん新幹線の指定席はとってない。
その辺はいつもアバウト。
正月ともなれば、名古屋からのぞみの自由席に座れることはまずない。

よって、ここ数年はこだまで帰ることにしてる。
こだまなら余裕で「座れる」のだ。
ラッシュのピーク時でも名古屋発のこだまなら確実に座れる。

問題は時間がかかること。のぞみの2倍以上かかる。
こだまが「各駅停車」なのがしょうがないが、
それ以上に駅の停車時間が長いのだ。
三河安城-小田原駅の(たぶん)すべてで、
のぞみ(かひかり)の通過待ちをするのである。
5分間停車しますとかざらである。

5分あればホームの売店で買い物できていいのだけど、
駅じゃなくて、途中の線路上で通過待ちしてくれないかなと思ったりする。
特に静岡-新富士間は、富士山がきれいに見えるところで止まってもらえるとうれしい。
要するに、ホームだと車窓からの眺めがなくてつまらんというわがままでしたとさ。

富士川の鉄橋と富士山。XZ-2。
でもまあ、ゆっくり眠れるし、iPhoneかKindleがあったら退屈しないし。

帰宅したら、部屋が散らかっておりました。
ゴミ箱は倒れておりました。なんてこった。
もちろん猫の仕業であります。
ああ、どこで運動会やってたんだか。

一息ついたら、
日本カメラの原稿を1本書いてメール。
さっそく2013年の仕事がはじまりました。
なんてこった。


0 件のコメント: