2013年10月16日水曜日

[カメラ]α7とかシグマのレンズとか台風一家とか

台風一家「ボー・フー・ウー」の犠牲になった木がありました。
iPhone 5s

巨大台風が東京を襲うと、近所のどこかで木が倒れるわけで、
まあ、マンション建設やら何やらにともなってここ10数年で整えられた植樹ばかりなので
根が奥深くまで広がってなかったりするのかもしれない。

台風通過後は空気が澄んでて遠くまで見えるのが楽しいわけだが、
なんと、世田谷から房総半島まで見えたのだ。
今までまったく気づかなかっただけなんだろうが、
E-M1に望遠ズームを付けてEVFを覗いたらビルの隙間にうっすらと顔を出してたのである。
をを。ちょっとした驚きでありました。
房総半島ですよ、たぶん。E-M5 + Panasonic 45-175mm
さて
それはともかくとして、
今週は新製品群が賑やかなようで。

・SONYのα7とα7R

今日の注目はSONYの「フルサイズミラーレス」機。

α7R・α7 イントロダクション | ソニー


いろいろ噂が錯綜していたけれども、「Eマウント」初の「フルサイズ」機がα7/7Rなのでした。EマウントといえばNEXなんだけど、NEXももともとαシリーズのひとつであって、
今後は一眼レフを継承するAマウントとミラーレスのEマウントのどっちも「αなんとか」って名前になるもようです。NEXって名前は消え去るのか。

とにもかくにも、
Eマウントのフルサイズ機が出たことで、
Aマウント、Eマウントそれぞれフルサイズ機とAPS-C機がすべて「α」になり、
一番ややこしいメーカーになっちゃったソニー。

いろんなレンズを作らなきゃいけなくて大変だなあ。


ユーザーも大変なので、
α-A並、α-Aフル、α-E並、α-Eフルという感じでわかりやすく表示していただけないかと。

http://www.sony.jp/ichigan/images/ichigan_main_visual_a7.jpg
この
α7の角が立っててとんがり帽子なデザイン、
一見「コレジャナイ感」が漂うんだけど、
じっくり触ってよく見るとだんだん「お、これはこれでいいんじゃね。個性的だし、愛嬌あるし、カッコいいかも」という気になってくるのが不思議なところで、
「写真で見るとカッコいいけど、いざ実物を見るとイマイチ」って製品が多い中
「写真で見るより実物の方がいいじゃん」となる製品なんじゃないかと思うわけで、
しかも写真で見るより実物はずっと小さいので
欲しくなるのが困りもの。

にしても、このサイズでこの価格でフルサイズですよ。
ソニーは2012年のRX100/RX1以来、
いち早く「撮像素子サイズをでかくする」方向に舵を切った模様。
クオリティに一番影響するのは撮像素子サイズであるからして、
でかい撮像素子を使いつつコンパクトで廉価に提供できるのなら
そのインパクトはでかく、方向が明確でいい。
いいですな。

ハイクオリティスナップ用としてわたしも欲しい。かなり欲しい。
フルサイズの一眼レフってかさばるんだもん。
α7ならモニタもチルトするのでちゃんと構えてEVFで撮っても
チルトさせてモニタでラフに撮ってもいい。
惜しむらくはタッチAFが使えないことと
ボディ内手ブレ補正じゃないことくらい。

レンズは高級路線(何しろ5本のうち3本がカールツアイス!)っぽいけど
いち早くフルサイズミラーレスに手を出す人は
そのクオリティを求める道楽者だから、
フルサイズ機の実力を思う存分発揮できるレベルのレンズが必要なわけで、
キットレンズ以外は高価でもハイクオリティを目指すのはやむなきことか。
廉価なレンズは今後出てくるでしょう。
わたしとしては、55mF1.8をつけてスナップ撮りたいわあ。

それまでは、
従来のNEX用Eマウントレンズを使ったり(ただし、これらはAPS-C用なのでAPS-Cサイズにクロップされるか、周辺部が劣化しても構わずそのまま使うかになります)、マウントアダプタを介してAマウントレンズを使ったりしながらレンズの充実を待つというのが賢明かねえ。

買うとしたらα7かα7Rか。
わたしならα7無印の方かな。
こっちは像面位相差AFセンサーを積んでるし、2400万画素に押さえられてるので何かと扱いやすいもの。そしてなによりそっちの方が安いのだ。


・シグマが24-105mmF4のAラインレンズ発表

こちらはまだ開発発表なので値段も発売日も出てないのだけど、
めちゃ気になるレンズ。
Art | SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM | SIGMA GLOBAL VISION

ニコン D600用の常用ズームレンズはどれにしようかずっと悩んでるのだ。
これで候補が3本になった。

ニコン純正のAF-S Nikkor 24-120mmF4にするか←ナノクリでズームレンジもいいんだけどちょっと古くて価格は純正なので高め

シグマの24-70mm F2.8にするか←F2.8通しなのに価格は手ごろと狙い目だったのだが望遠がちょっと弱い

シグマの24-105mm F4にするか←F4通しにしてはAF-S Nikkor 24-120mmより重くて太いのが気になるが、Aラインを標榜するからにはクオリティは高いはずで、せっかくのフルサイズ一願レフなのだから高性能なレンズをつけたい

というところで、悩ましいですな。
2400万画素でフルサイズともなると、レンズ性能の差がでちゃうんですよ。コクとかキレとかディテールの描写力とか。
だからあまり安いレンズは買いたくないのです。

なんてことを考えつつ
ITMediaにPowershot G16のレビューを下書きまで書く。うう。すすまん。



0 件のコメント: