2013年4月15日月曜日

カラスにパンを盗られたねろり

iPhoneカメラ連載で動画をやりたいのだけど、
動きだけだとなあ、音声もちゃんとはいってるのが欲しいよなあ、でも自分でしゃべるのはいやだしなあ、音楽だと著作権が云々かんぬんとずっと前から困ってて、
ふと、あ、橘ねろり嬢に頼んでみよう、と頼んだら快諾を得まして、
じゃあいつもの公園で、ってことになり、
どうせだからパンでも買って行って公園でランチしましょう、と
待ち合わせて、テーブルを確保してちょいと自販機に飲み物を買いにいって戻ってきたら、ねろり嬢が「パンがなくなった」と叫んでたのである。

レジ袋だけあって中味がからっぽ。
一瞬目を離した隙に彼女が買ってきたパンが消えたらしい。
わははははは。そらミステリーだわ。

まあカラスの仕業だろうなとあたりを見回すと、
20m先あたり、嘴に白い塊をぶら下げたカラス発見。
すげー。あの一瞬の間に音もなくさっと袋からパンだけを奪って飛んでいったのだ。
トンビに食べ物をさらわれるって話は湘南方面や鴨川方面でよく聞くけれども、
カラスもか。
残念ながら奪還はできず。
それにしてもカラスかしこすぎです。むしろ感心。
いやそれより、どんなパンだったのかが気になっている今日この頃です。
その辺の顛末は彼女のブログにも
カラスにパン取られた…|橘草子

いやあ面白いことでありました。
その後撮影する場所を探してたら、NPS(ニコンプロサービス)のストラップつけてニコンのDなんとか(ちゃんと見てなかった)を2台抱えたカメラマンから、自転車を前景に入れた風景を撮っていいかといわれたので快諾する。
ちゃんとひとことことわってくれてエライなあと感心しつつ、
そこまでフォトジェニックな公園じゃないと思うけど、どこで使うのだろう。

で、自分の撮影。
考えてみたら、会うのは3回目だけど、彼女の演奏と歌を聴くのははじめてなのだった。なるほどこんな歌を歌うのか。
iPhoneで録った動画から切り出してみた
JASRACも関係ないとオリジナルということで一安心してiPhoneの動画機能で何パターンか録画しつつ、目の前で生歌を聴くって贅沢なひとときをすごす春でした。
ご協力、ありがとうございます。

ちゃんとワンコーラス録ったカットが後ピンだったりもしたけど、
なんとか帰宅して夜遅くまでかかって原稿を書いてメール。


0 件のコメント: