2013年4月22日月曜日

UP by Jawbone で電気羊の夢を見た←見てないけど

都内某所で某な某。
その足でiPhoneカメラ連載用の作例とかスクリーンショットをとってから帰宅。
眠い。
仮眠してから原稿を書くつもりだったのだけど、
猫餌を買い忘れて再度出かけるなどしてたらそんなヒマもなくなり
なんとかパノラマ撮影の話を書いてメール。
1回で済ますつもりだったけど、前後編になりそうだな。いや、上中下になるかも。
まあそれはそれでいいや。

で、帰宅して
UP by JawboneをiPhoneをiPhoneと同期する。
……
いやあ、おもろいわ、これ。
布団にはいるとき、ボタンを押して睡眠モードにするじゃない。
そうすると、床についてから起きてた時間、さらに浅い睡眠と深い睡眠が自動的に記録されるの。
どうやってるのかしらんけど、実睡眠時間がこれでわかるもよう。
今朝9時過ぎに電話が鳴っていったん起きたのだけど、
まあいいや、と気にせず寝直した……って記憶が残ってて、
確かに、その頃、ちょっと起きてまた二度寝しましたよと
UPのログもいってるので、確かにそうだったのだろう。
6時に布団に入ったけど、実際に眠りについたのはその41分後で(寝付きが悪いのだ)、しばらく寝た後、いったん目が覚めたけどまた寝て、10時49分に目覚めました。
約4時間。短いのは朝まで仕事してたのと、お昼に出かける用事があったからですな。
睡眠は8時間を推奨してるので、55%しか達成できず。
でも作例撮りながら歩き回ったので1万歩の歩数は達成。
そんな結果となりました。
めんどくさいので食事の記録はせず。

睡眠の様子がわかるのは新しい感覚でちと面白い。
ちょいと生活パターンのデータを溜めてみよう。
いやあ、思ったより面白いっすよ、これ。
軽いのでつけたまま寝ても気にならないし。

こういうのが日本から出てもおかしくなかったのにねえ。
auなんか、KaradaManagerなんてコンテンツをいちはやく作ってたくらいだし。
まあ、日本の会社が作ると、アドバイザーなんて人だか絵だかが画面に出てきて「あと××時間は眠るようにしましょう」なんてうざいこといいそうだけれども。

0 件のコメント: