2013年4月25日木曜日

Powershot Nがやってきた! やっぱおもしろいわ、これ

午前11時頃、キヤノンオンラインショップからPowershot Nが届く。
やったー。
って、悦ぶほどのものじゃないんだけど、
今日の明るいうちに届けば、明日のascii.jpの猫連載に間に合うのだ。
で、箱を開ける。

お。さすがオシャレデジカメだけあって箱も簡素でいいぞ、と思いきやさにあらず、この中にさらに箱が2つはいっていたのであった。
右が本体の箱、左が別途ついてくる「ジャケットとストラップ」が入った箱。
本体はホワイトのみで、ジャケットが4種類用意されてたのだ。
まあ個人的には「ジャケットいらねーからちょっと安くしろ」なのだがまあしょうがない。
本体の箱をあけると図で使い方を説明。これはよいですよ。よい。
この絵でわかるとおりのカメラなのだ。
Powershot Nがどういうカメラなのかは、これを読んでください。まあこれでほぼすべてです。わたしてきには。
フル充電してるヒマがなかったので、以前、これのために買ってあったmicroSDカードを挿入し、
手近な短いminiUSBケーブルを持って湯島まで移動し、天丼を食いながら充電。
ちなみにこのストライプのジャケット、猫連載に掲載する製品写真を撮ってすぐ外しました。うーん。なんか邪魔なんだもん。下側のズームリングが操作しづらくなるし。
ともあれ、不忍池周りで猫を撮影。
Powershot N。連載で使ったカットの別バージョン
クリエイティブショットで撮りまくるが、これ、アタリハズレがでかく、なかなか狙ったイメージのエフェクトをかけてくれない……いや、自分で「この写真はこういうイメージで」を持ってる人が使うモードじゃないのはわかってるんだけど、ネタとしてははずせないから。
ついでにiPhoneへの転送もテスト。うん、スムーズにできます。
写り的には、DIGIC5だし1/2.3インチセンサーだしでそれなりなんだけど、キヤノンのコンデジであるからしてアタリハズレは少なく、けっこう楽しめます。
帰宅して、ascii.jpに猫連載を書いてメール。
それにしてもさ、このジャケットとネックストラップってなんか違うよね。
わたし的にはPowershot Nってもっとポップでカジュアルなイメージの製品だもの。皮っぽいストラップじゃなくて、もっと細くて軽くて柔らかいものでしょう。ジャケットももっと薄い方がいい。
というわけでストラップも外しました。とりあえず、DEFFのフィンガーストラップをつけてみた。これでずいぶん軽快になったか。
まあ、慣れないと滑って落としそうなのがちとあれだけどな。
で、ひとつ問題が発生した。充電である。
miniUSBケーブルを使って充電できるのだけど、充電してくれるACアダプタとしてくれないACアダプタがあるのだ。iPhoneのACアダプタだとダメ。Cheero PowerGripだと大丈夫だった(上のモバイルバッテリ)。なぜか。
Androidであれこれトラブった人にはお馴染みかと思うけど、FaceBookでその筋に詳しい方にいろいろ教えてもらったので、検証も踏まえ、明日のエントリにでもいたします。
ともあれ、久々に面白いカメラだわ。
お金がないといってたのにPowershot Nは買うのね、とTwitterで尋ねられたので、「これは別腹ですから」と答えてなっとくいただいた。そんなカメラであります。
なお、困ったことにキヤノンオンラインショップ限定発売(なんてこった! 普通に店頭で売って欲しいよ。客がどう撮ったらいいかわからなくて困ったら困ったでいいじゃん!)でありまして、欲しい方はこちらから。

0 件のコメント: