2011年6月22日水曜日

わたしがIS05を買ったわけ

Flick!04が発売されております。
一見、アンドロイドムックですが、デジタルガジェット総合誌(だと思う)なので
いろいろとはいっております。
今回わたしが書いたのは、
IS05を買った話、
iPad2のレビューとiOS5&iCloudの速報、
クラウドサービス入門の導入部とEvernoteの話、
デジカメ4機種のテキスト部分
ガジェットコラム
というわけで、書いた本人がいうのだから間違いなく、
iOSの話もデジカメの話もたくさん載っております。

絶賛充電中。
で、なぜIS05を買ったか。
要するに「ガラスマ」だから、
に尽きる気がしてきた。
そりゃあ、最新の、いわゆる「グローバルモデル」の方が
画面もでかくてサクサク動いてアップグレードも迅速でテザリングもできて、Androidを味わうにはいいのはわかっちゃいるんだが、
Android自体よりも、
ケータイであれだけ独特の文化を創り上げた日本のキャリアとメーカーがAndroidをどう料理してくるのだろう、って方に興味があったのだ。
せっかく日本にいるわけだしね。

それならばおサイフケータイも緊急地震警報もワンセグも歩数計もついてた方が面白いじゃないかと。

多少、完成度が低いところは目をつぶって。
電源キーが小さくてあそこについてるのは不便だし
(1日に何度も押すんだから。やはりホームをメカニカルキーにしてそこを押してスリープから復帰してくれる方が使いやすい)
動きもいまひとつサクサクしてないし
microUSBコネクタにカバーがついてるのはうざいし
(だって毎日そこを開いて充電するんだから)
結局ワンセグは1度も見てないしw
iPhoneの方がずっと気持ちよく使えるのでそちらがメインなんだけど
それなりに楽しく使っております。

モバイルSuicaが登場するまでは、
しょうがないので電車だけカード型Suica。
たまたま、Suica兼用のViewカードを持ってたので、そこにチャージ。
SuicaへのチャージってPASMOから(つまり私鉄の自販機から)でもできるのね。
それはよかった。

気になるのは今後だよね。
何年か前、とあるメーカーのケータイ開発陣に呼ばれていったときに
Androidの話もしたんだけど、
スマートフォンになると売り切りじゃなくて継続的なアップデートが必要
という時代に戸惑っている印象があった。
つまり、今まではその機能の新しいバージョンは新機種で、で済んでたんだけど、
スマートフォンになると、OSのみならずオリジナルアプリのアップデートも要求されるわけで、
ちょいと事情が違ってくるのだ。
逆にいえば、どんどんアップデートすることでユーザーの要望や不満に対応できる。
それはいいことではないか。

とりあえず、IS05も今秋にはOS2.3にアップグレードしてくれるとか。よかったよかった。

0 件のコメント: