2011年6月7日火曜日

絨毯爆撃で開発者涙目といわれたほど容赦ないLionとiOS5とiCloud発表

夜中は基調講演の追っかけをしながら原稿書き。
いやはやなんとも。
めちゃ濃ゆい内容でした。
なんでこの会社はこんなに容赦なくて、
機を見るに敏なのか。
iOSにしろMacOS Xにしろ、
出たときは時代の先端だったのだが、今や単なる現実で、
でもたいていの会社は、一度構築してしまった環境をなかなか崩せず、
気がついたときはもう遅かった、ということになりがち。
MacOS X前のアップルがそうだったし、
最近ではマイクロソフトがその象徴みたいな扱いを受けてる。

今のアップルはその点、容赦ないのでした。
もう、Lionは予想以上にすごい。
OS XのベースはSnow Leopardでできたから次は操作系の一新だ、
とばかりに、小手先の機能追加じゃなくて、
かなり手をいれてきた。もう「保存」作業はいらないのだ。
デモを静止画で見たかぎりではそう。
詳しくはもう公開されてるAppleのLionサイトで
だいたいさ、次のOS(4GBある)をオンラインのAppStoreだけで売るって
なんなんだー、その潔さは。
わけわかりません←褒めてます
Macでよかった。

iOS5も同様。
TwitterのTL上では開発者涙目の阿鼻叫喚といわれてたくらいで
すごくいろんなとこに手がはいった。
前のブログで適当に予想して中で、
1) iOS5はクラウドにバックアップできて、復元もクラウドからできて、もうパソコンがなくてもブロードバンド環境さえあればOk!
3) iWorksはWebアプリになり、クラウドを通してMacOS XからでもiOSからでもそのまま使える 
あたりが、まあ、3)はWebアプリにはならなかったけど、クラウド対応になったし、
1)もそのまま実現された感じで、容赦ないですな。
以前から、iPhoneやiPadはパソコン不要であるべき、みたいにいわれてたけど
それが早々に実現するのだ。

で、iCloudは容赦なくクラウドである。

詳細はちゃんとチェックし直さないとわかんないけど
WWDCに行ってるジャーナリストが大勢いるので、彼らがうまくまとめてくれるから
それを起きてからじっくり読みます。

いやあ面白い。
Lionが登場するのは7月、
iOS5やiCloudは秋。

でも変わりすぎてて怖いから、
Lionはまず、Air13にインストールして様子をみることにするかな。


0 件のコメント: