2011年7月4日月曜日

眠らないMacProを眠らせることに成功した

まあ普通は指定した時間をすぎると自動的にスリープにはいるわけだが、
うちのMacProはなかなか眠ってくれないのである。
放置しとくとずっと起きてる。
でもってMacProはとても電気を食うのだ。
だから寝る前やでかけるときは
「option+command+eject」で強制スリープかけてるのだが、
在宅してるときはたいてい電源がはいってるので
けっこうムダに電気を食ってる。
あまり気にしてなかったのだが、
今月のMacPeopleを見てると、どうやらMacProはアイドル時でも180Wくらい(だっけ?)
使ってるらしい。
こりゃいかん。

というので、スリープしない原因をさぐろうとしたのだが
どうもよくわからん。何か眠らせないプロセスが動いてるはずなのだがどれだろう。
Twitterクライアントが怪しいんだが、これはいつも立ち上げておきたいしな。
そこであれこれググって見付けたのが
PleaseSleep」というアプリ。

こいつを起動しておくと、
環境設定で指定した時間で強制的にスリープしてくれるのだ。
ちょいとテストしてみたが、きちんと指定した時間で寝てくれる。
これでうちのMacProもほっとくと快眠してくれるようになったのだ。
すばらしい節電アプリだ。
……
というか、もっとはやく手当しろよ>自分

0 件のコメント: