2011年7月23日土曜日

MacProのメモリが死んで復活したはなし

午前3時過ぎ、喉が渇いて目が覚めたついでにTwitterでもしようと思うが、
MacProが起きない。スリープから起きない。
電源ボタンの上にあるステータスランプを見ると、素早く点滅を繰り返してる。
これはやばいなと。再起動してもダメ。電源を抜いてSMCクリアしてもダメ。
やばい。死んでる。起動音もしない。
Air13を取り出して、ググってみると、同様の現象を発見。
メモリエラーが出たときこの点滅が出るという。ああ、メモリかあ。

今、うちのMacPro(early 2008)には10GBのメモリがささってる。
最初からついてた1GB×2に、2GB×2を2セット追加してる。
どちらも2008年のうちに追加した、3年前のメモリだ。
各種ケーブルを全部はずし、側面のプレートをあけ、メモリ用のライザーカードをはずす。
これが楽チンなのがMacProのすばらしいところ。
まず最初に追加したセットを外して6GBにしてMacProに戻し、試しに起動してみる。
あ、起動音が鳴って起動した。原因はやはりメモリだったか。
ほっと一息。
このメモリを買ったのはマックメムなので、早速メールする。永久保証なので交換してくれるはず。
ちょっと寝て起きると、マックメムから、交換用のメモリを発送したので、動作確認してOkなら、壊れたメモリユニットを返送してくれと返事が来てた。
仕事はやっ。

夜、交換用のメモリ2GB×2がもう届く。はやっ。
早速交換して、再度10GBにしてみる。
1枚追加したとこ、このMacProは2枚ずつペアで追加する。
……無事、10GB分のメモリが認識された。

よかったよかった。
というわけで、メモリはある日突然死ぬことがある。
よって永久保証と素早い対応はうれしいのだ。

こういうところがありがたいので何年も前からずっと増設メモリはマックメムを使ってるのだった。
安いだけなら他にもあるけど、速くてアフターサービスがしっかりしてて愛があるのは大事。

という
メモリが壊れて15時間後には交換品が届いたというすごい話でした。→マックメム

2〜3日は6GBのままでやるかな、と思ってたのに。
すごい時代になったもんです。

4 件のコメント:

RELHAM(佐伯 光彦) さんのコメント...

それにしてAppleはこの先MacProをどうするんでしょうねぇ。Thunderbolt未対応とかだんだん取り残され感が大きくなってきているのが気掛かり。

荻窪圭 さんのコメント...

いやまあ、そのうち出るでしょう。ThunderboltなMacPro。次世代Xeonに合わせて。。。たぶん。。。

匿名 さんのコメント...

はじめまして。
僕も同じMac Pro (2008) を使用していますが、スリープするとメモリが壊れる(スリープ中にファンの回転が止まり、熱のためにメモリが壊れていつの間にかシャットダウンされている)ことがあるのでスリープしない方がいいですよ。

うちはこれで4回メモリ壊れました。
スリープしない設定にしたところ、メモリが壊れることはなくなりました。

他にも同様の症状が出ている方が実は意外に多いらしく、同じユーザーとして情報を共有できればと思い書き込ませていただきました。

「MacPro メモリが壊れる」でググッてみてください。

荻窪圭 さんのコメント...

匿名さんへ
うーむ。そういえば、震災以降、節電でもしようかと、以前よりマメにスリープするようになってからメモリが壊れたので、ちょいと気にしてみます。