2012年10月2日火曜日

CEATEC2012

CEATEC初日。海浜幕張まで行くのは超久々。
最近、CEATECもサボってたし、行かねばならぬ展示会はたいていパシフィコ横浜か東京ビッグサイトでやってくれるので、もしかしたら最後に言ったのはサイクルモードとかかも。久しぶりに行くと遠いですな。
確かにホール1から8まで全部使ってるけど、これならビックサイトでもできるような。。

CEATECといえば各家電メーカーがブース中央全面に大型テレビをずらりと並べて派手な演出と派手なコンパニオン、的光景が当たり前だったのだけど、それはいつのことやら、今はすっかりなりをひそめ、まあいいことではあるのだけど、テレビに頼れなくなったとき、各社の本当の技術が出てくるんだ、的な……ブースが地味になるのはしょうがないですな。
ブースの派手さじゃなくて、違うところで勝負すべき時代なんだろうと思う。

目立ったのはクルマ系(電気自動車、カーオーディオ、カーナビなどなど)。
最初はカーエレクトリックエキスポかよ、と思ったもの。


もひとつは福祉系に応用できそうな技術(ロボットに限らず)。
モバイル系は中心のようでいて、さほど華やかさはなく、ドコモはけっこう新しい技術を見せてたけど、ブースとしては地味でした。

なんというか、新しいデバイスは面白いんですよ。シャープ支援てきな意味でシャープネタを3つならべますが。
IGZO-
シャープの透明太陽電池!
モスアイはテカテカディスプレイ全部につけてほしいw
4KディスプレイもIGZOディスプレイも新しいインタフェースもいいんだけど、
最終的に、そのデバイスをどう実装するか、どう応用するかが大事だというのをもうみんな知っていて、
展示する方もどうせ製品にのっかるのはもっと先なんだから、
それができたら生活が、社会がこう変わって面白いことになるってのを見せて欲しいんだよなーと思うわけですよ。
クラウドが〜〜といっちゃわないで、新しいネットにつながってあれこれできるテレビがあると世の中はこう変わる、的なところを見せて欲しかったとか。

まあ、そういうのを見て、これらを応用したら世の中はこう変わる、そうなったら面白い、ってのをあれこれ推測するのが楽しいし、昔はそんなコラムも書いてたので、ネタを提供してくれるこういう場はありがたいのだけど。

スマート家電もそうだよな。
レシピはいいけど、生活する側が本当にサポートして欲しいのはそこじゃないだろ、と。

個人的にはルンバの新型がちょっと欲しくなったのと、

ソニーとパナが日本で未発表のデジカメを展示してくれたので悦んで見てきましたです。
NEX-5RとかRX-1とかG5とか。



会場で、iPhoneでパノラマ撮りながら、そういえば、昔、三脚にパノラマ雲台とデジカメつけて、MACWORLD会場でパノラマ写真を撮ってまわったなあというのを思い出しつつ、それがiPhoneで手持ちでさくっとできるようになったんだなあ、とめちゃ感慨深かったのでした。
しみじみ。


0 件のコメント: